スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの悩みは何ですか?

あなたの悩みを解決しませんか?

あなたも掲示板で相談してみませんか?

不倫ノートブックの相談掲示板では、どなたでも無料で相談する事が出来ます。
ユーザー登録も任意となっていますので、匿名でも相談が可能です。
2002年から運営されていて、数万件以上の相談事例があります。
掲示板で相談する方はコチラ
http://furin.biz/bbs/

このページのトップへ戻る

もう逢わない・・・でも・・・

私は35歳、8年間同棲している5歳年上の彼がいます。
昨年2月に既婚彼(40代子供1人)から告白されました。
人間的に憧れていた人だったので、夢みたいでした。
でも、そのときにはこのサイトを拝見していたので、やはりこんな関係はいけないと思い、一線を越えてしまう前に逢うのはもうやめようと既婚彼とも話し合いました。
なのに、自分の弱さから、相談にかこつけて連絡してしまったのです。

幸い(?)私には結婚願望が全くなく、子供も作るつもりはないので、お互い無理しないよう、既婚彼にとって「都合のいいオンナ」で充分と思っていました。
二人で逢うのは月に1、2回。
食事をしてサヨナラの時もあれば、たまにお泊りなどの遠出デート。
後は月1ある共通の会合の席。(既婚彼と私は同じ職場ではありません)
決してお互いの負担にならないよう、付かず離れずの関係でいられたらと思っていました。
でも、気が付くと、日々既婚彼からのメールを待っている自分がいました。
彼の周りの人たちがしてくれる奥さんやお子さんのお話が耳に残ってはなれなくなりました。
いつも優しい同棲彼の隣で、24時間既婚彼のことを想ってしまうようになりました。
メールの着信に一喜一憂してしまう自分がなんだか情けなくなり、今度こそ二人ではもう逢わない、と再度決めました。

4月にはいって、保存していたPCや携帯メールをすべて削除して、ちょっと気持ち的に楽になったので、昨日、既婚彼とお花見をした際、そのことを伝えました。
「二人でこうやって逢うことは、もうしない」。
ちょっとびっくりしたようだったけど、彼は「わかった」と。

今、私は、これでよかったんだと思い込もうとしています。
でも、ほんとはメールしたいし、声が聞きたい、逢いたい、キスしてほしい、抱いてほしい。
飛び出しそうな思いに無理やりフタをしています。
また自分から理由をつけて連絡して、同じことを繰り返してしまいそう。
だから、お願いです。
こんな私を止めてください。
長々と申し訳ありませんでした。


■この相談への回答(一部抜粋)

心多き方は大変ですね。
いずれにしても、二兎追う者は一兎も得ずと言いますから、それはそれで良かったのでしょう・・・


「もう逢わない・・・でも・・・」は解決したのか?どんな回答があったのか?
気になる人は本スレッドをご参照下さい。
http://furin.biz/bbs/qa/past/737.html

あなたの悩みは何ですか?

あなたの悩みを解決しませんか?

あなたも掲示板で相談してみませんか?

不倫ノートブックの相談掲示板では、どなたでも無料で相談する事が出来ます。
ユーザー登録も任意となっていますので、匿名でも相談が可能です。
2002年から運営されていて、数万件以上の相談事例があります。
掲示板で相談する方はコチラ
http://furin.biz/bbs/

関連記事

このページのトップへ戻る

トラックバック

プロフィール

furinnotebook

Author:furinnotebook
不倫ノートブックの相談掲示板からのまとめ。
過去の数万記事の中から様々な悩み相談を紹介しております。
不倫をしている人は何に悩んでいるのか?自分と同じ悩みはあるのか?

ブログの投稿は相談記事のみとなっており、その相談への回答や解決したか否かは記事下部の該当スレッドへのリンクにてご確認下さい。

尚、このブログは不倫ノートブック公式ブログです。
許可無く別サイトや別ブログへの転載・引用はご遠慮下さい。

Twitterでも更新情報をツイートしています。



不倫から結婚へ

あなたの不倫の悩みは?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

不倫の悩み相談投稿はこちら

検索フォーム

リンク

関連ブログ

ブログランキング

注目度の高い相談

ブログパーツ

アクセスランキング

当ブログにリンクして頂くだけで、簡単にランキングへ参加可能です

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブログパーツ

あわせて読みたい

まとめ  ブログ作成ツール
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。